あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします
小豆とおせち.png
予約診療のお知らせ  
当院では今まで、一般的な診療に関しましては
予約なしの診療を行ってまいりましたが
スタッフ不足のため、患者さんには
長い時間お待ちいただくことが多くなってきました。

つきましては、混雑の緩和と診療内容の充実を図るべく
時間を区切って予約制の診療を行うことといたしました。

日曜・祝日は完全予約診療、
平日は午後より予約診療となります。


皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願いいたします。
予約の方法につきましては、当院HPにてご確認ください。



2011年11月15日

ショック…

以前こちらで保護して新しい飼い主探しをしていた
ダルメシアンMIXのきょうだいのうち一頭が
保健所にて保護されていることがわかりました。

かつてのきょうだいたち
DSC01463s.jpg牡丹
そういえば、
ドッグランの扉が壊れてきょうだいが脱走したことがあり
DSC01445s.jpg菖蒲
すぐそばを国道が走っているため青くなりましたが、
DSC01458s.jpg紅葉
呼び声に反応して私のほうに飛んできたときのきょうだいの嬉しそうな顔を
今でも思い出すことができます。
DSC01446s.jpg小丸
あの時は嬉しかったなあ…。

みんな元気でイイコでした。


↑この「小丸」が、今保健所に入っている子です。
小丸s.jpg
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm
鼻先の白斑の入り具合、胸元の模様なんかは
小さい頃と変わりませんね。


小丸をお譲りする際に、ペット可のお住まいであるかどうか、に
「はい」とお答えになり、文書にもそれを残してありますが
実際にはペット不可の集合住宅にお住まいであり…
その点についてどなたかから市役所に通報があり、
犬を手放すか、住宅を出るか の二択の結果
犬を手放してご自分はアパートに残るという選択をなさったと、そういう状況とのことでした。


この飼い主さんは、実はお渡ししてしばらくしてから、
「犬が咬む」ということでしつけのご相談のお電話を下さっていました。
何かの事情でフリーにしておくことが難しくなり、
無理やり狭いケージかクレートに入れようとして小丸が嫌がった、
という状況だとお聞きしています。

当時のアドバイスとしては…
犬が嫌がることを無理やりするのはよくないし、
それで咬まれたとしたら悪いのは飼い主さんのほう。
クレートに入れるならちゃんとクレートトレーニングをして
小丸が喜んで入るようにしてあげなくてはいけない。
お渡しするときにもパピークラスの話をしたが、
もししつけでわからないことがあるのであれば電話だけでなく
ちゃんと時間をとって犬との付き合い方を勉強してもらったほうが良いと思う。
というようなことをお伝えしましたが…
結局、その後はしつけのご相談にお見えになることはありませんでした。

その後、飼い主さんがもてあまして保健所に連れて行き、
かわいそうだということで別の方が引き取った
というようなことを
風の便りに聞いていたのですが…

実際は、ずっと同じ飼い主さんが飼われていたのですね。



今回、たまたま保健所のHPを見て発見したのですが
聞いてみると、
ペット可住宅であると偽って犬を入手したばかりでなく、
ご近所の方やドッグランなどでのトラブルもあったとか…
しつけに関しても無頓着で、あまり物事を教えてはおらず
そのほかにもいろいろな困った状況があったようで…

なんというか、ため息しか出ないという状況です…


このきょうだいのうち牡丹と菖蒲は当院の患者さんとしてたまに顔を見せてくれますし、
紅葉は小丸と同じ管内にもらわれていきましたが、一度病院に来てくれたことがあります。
紅葉の飼い主さんはしつけに大変熱心で、紅葉は警戒しつつも、
見事なお座り、伏せなどを披露してくれました。
(しかも、普段は知らない人には親しまないというのに、私に顔を触らせてくれました!!嬉)

小丸も、今現在人懐っこく攻撃性がないということですし、
ちゃんと愛情をかけて物事を教えてあげられれば
きっとイイコになると思うのですが…

新しい飼い主探しはいくつも経験していますが、
こうした例は少数であっても心に重くのしかかってきます。

動物愛護というものは、動物と自分だけの狭い世界で成立することではありません。
人間社会でのルールとマナーを守る、ということが
まず何よりも優先されるべきであると思います。
愛護される動物も飼い主も、人間社会のなか以外では暮らしていけないのですから。


というわけで、
小丸の新しい飼い主さん急募です!
小丸s.jpg

大きくてパワフルですが、人懐こいいい子です。
トレーニングに対しても良好に反応できる素質を持っています(生後6ヶ月時点ではそうでした)。

よろしくお願いします!

11/18
飼い主さん決定いたしました


posted by 病院スタッフ at 12:07| Comment(2) | 飼い主募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのせつは・・本当に大変失礼しました。。
失礼な事ばかりしまして・・本当にすいませんでした。。

小丸は、無事に新しい飼い主さんが見つかったそうです^^
保健所の担当のOさんや愛護推進委員さん達・その他のポスター貼りを手伝ってくださった多くの人達のおかげです!

泣きながら小丸が『保健所に連れて行かれる!助けてあげて!』と連絡を下さった方・・
多くの方々が小丸を助けたいと言う一心で動いてくださいました!皆さん決まって『小丸には、罪は、無い!!』と言いました。本当に皆さんに感謝です!

こんな可哀想な思いをさせない為に、動物達に対する人間側の常識や認識を変えていかなければいけませんよね。。
少しづつでも変えて行かなければ!


新しい飼い主さんが見つかってホント良かったです!
ホットしました♪







Posted by maruko at 2011年11月18日 20:58
コメントいただきましたが、こちらでは現時点でまだ担当職員の方からのご連絡をお受けしていません。
明日以降確認したいと思います。


動物をないがしろにするも愛護活動に夢中になるも
その人その人でさまざまですね。
でもどちらのスタンスにあっても
人間社会でのマナーとルールを重視すべき、という点は同じだと思います。


Posted by MH at 2011年11月19日 16:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。